読書,すすめ,ススメ,活字,本,脳,活性化,小説,漫画,新聞

スポンサードリンク

記事一覧

2016-05-03読書
世界中のエグゼクティブ達が実践する『超一流の食事術』⇒「世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術」今までの常識がひっくり返りました。日本では、お米を主食とし…

記事を読む

2016-04-24読書
唐突ですが、質問です。「あなたはお金持ちですか?」答えが“はい”というのであれば、この先を読む必要はありません。では、答えが“いいえ”と答えたあなた。「お金持…

記事を読む

2015-09-16読書
あなたは“検索”ってしますか??今では、スマホが普及して、いつでも、どこででも、あなたがわからないことは“検索”すれば、大抵のことがわかりますよね。そんな“検索…

記事を読む

2015-03-02読書
今年も早3月ですね。来月になれば、新卒の新入社員や新入学生のアルバイトが増えてきますね。あなたが勤める会社にも、新入社員、新アルバイトが増えるのではないでしょ…

記事を読む

2015-02-25読書
あなたの人生において、捨てるべきものを捨てることができたのであれば、次のステップへ進んで欲しいのですが…。この考え方も、ある意味「捨てる」という事にもなります…

記事を読む

2015-02-22読書
先日紹介した、⇒「1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣」この本、自己啓発書に分類されると思うのですが、自己啓発書に関して、中で触れられています。…

記事を読む

2015-02-20読書
あなたには、「習慣」になっていることありますか??その習慣が、“あなたの人生を悪い方向へ導いている”としたら、どうしますか?? style="display:inline-block…

記事を読む

2015-01-28読書
こんにちは。突然ですが、「あなたは今までにノートの使い方を教わったことありますか??」私はありませんでした。この本と出会って、初めてノートの使い方を教わりまし…

記事を読む

2014-12-05読書
久しぶりの本の紹介です。先日、ネットで紹介されていた本を購入して読みました。「上司の常識は、部下にとって非常識」   ↓↓↓“人それぞれ、育ち方が違えば、物事…

記事を読む

2013-12-20読書
今日は東京で初雪が降ったのですね。全国的に寒かったのですが、あなたは風邪をひいてないですか?さて、今夜紹介する本はこちら。   ↓↓↓あなたはこんな言葉を聞い…

記事を読む

超一流の食事術、糖質を避け、アブラを取るようにしたら…

  •  投稿日:2016-05-03
  •  カテゴリ:読書
世界中のエグゼクティブ達が実践する

『超一流の食事術』

超一流の食事術

「世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術」







今までの常識がひっくり返りました。







日本では、お米を主食とした
炭水化物がメインの食事で、
主菜、副菜とおかず、汁物が
一般的な食事です。







この食事が、身体に害を及ぼすとしたら?







この「超一流の食事術」では、
このことが詳細に解説されています。










ここ数年で、かなり多くの人が
一度は実践したことのある、

『低炭水化物ダイエット』



要は、炭水化物を極力減らして、
スリムな身体にしよう!!
というダイエット法ですね。





超一流の食事術でも、
この低炭水化物の生活をしよう
と書かれています。





しかし、ダイエットとは少し異なる点が。





それは、

『良いアブラをしっかりと摂りましょう』

と提唱しています。







あなたはダイエットにアブラが必要と考えますか?







多分、多くの人は、
ダイエット中にアブラを摂ったら、
ダイエットにならないよ!!
と考えると思います。




ダイエットに関しては、
こちらのサイトも参考になりますよ。

「痩せたいならライザップへ行け!!」










ちなみに私は以前から、
「低炭水化物+肉料理」
の食生活で、
体重を落とすことができましたので、
この話には頷けました。





ただ、あくまでも肉を食べる
ということだけで、
その他のアブラに関しては、
積極的には摂っていませんでした。





しかし、この「超一流の食事術」を読んで、
今までの考え方が間違っていないことを確認しつつ、
良いアブラを積極的に摂ることで、
身体の中や脳にも良い効果をもたらすことに、
驚きましたね。





この本の中で言われていることの一つに、

『シュガーバーニングからファットバーニングへ身体を変える』

があります。




シュガーバーニングとは、糖質燃焼型
ファットバーニングとは、脂質燃焼型


どういうことかというと、

シュガーバーニングは糖質をエネルギーとすることで、
ファットバーニングは脂質をエネルギーとすることです。





人間の身体を動かすには、
エネルギーが必要です。




そのために食べ物を食べて、
そこからエネルギーを生成するのですが、
そのエネルギーのもとを

・糖質にするのか
・脂質にするのか


で、身体に変化をもたらすのです。





一般的な人は糖質をエネルギー源にしていますが、
世界のエグゼクティブたちは脂質をエネルギー源にしているのです。






ここで必要になってくるのが、

『糖質制限』



いわゆる『低炭水化物』
ということになります。





糖質を制限しながら、
良いアブラを積極的に取り、
ファットバーニングの状態の身体を作る。





そうすることによって、

・病気になりにくい身体になる
・いつでも頭がクリアな状態でいられる
・疲れてもすぐにその疲れが取れる
・健康的にダイエットができる
・空腹感に悩まされることが少なくなる


などといったことが起こります。





あなたの身体を構成しているエネルギーは何?





糖質燃焼型から脂質燃焼型に変えるだけで、
痩せることができ、病気になりにくくなり、
疲れも取れやすくなるのなら、
やらない手はないと思いませんか?





始めのうちはツライこともあるかもしれません。
でも、続けていくうちに、
身体の変化に気づくはずです。





あなたの身体、スッキリ変えてみませんか?



お金の使い方で、将来が左右される??

  •  投稿日:2016-04-24
  •  カテゴリ:読書
唐突ですが、質問です。

「あなたはお金持ちですか?」



答えが“はい”というのであれば、
この先を読む必要はありません。







では、答えが“いいえ”と答えたあなた。


「お金持ちになりたいですか?」




答えが“いいえ”というのであれば、
この先を読む必要はありません。




今の現状を維持するように
努力して下さいね。









さて、答えが“はい”のあなた。


なぜ、お金持ちになりたいのですか?






ちなみに私は、

「お金持ちになりたい!!」

一会社員です。





会社勤めの給料でお金持ちになれるか?

と聞かれれば、
答えは

NO!!





まあ、会社内で出世街道まっしぐら、
昭和の言葉で言うのなら、

『企業戦士』

なら、社長まで登りつめて、
お金持ちになることもできるでしょうが、
そんな一般社員は、
その会社内で一人しかいない。





ならば、別の方法で
「お金持ちになる」
しか方法はありませんね。






そんな願望を持っていたら
この本と出会いました。

デキる人のお金の使い方、デキない人のお金の使い方

「デキない人のお金の使い方×デキる人のお金の使い方」








この中で、お金の使い方として、

・消費
・浪費
・投資


と、3つの使い方が書かれています。





あなたは、毎月のお金の使い方で、
どの項目が多くて、どの項目が少ないですか?






一般的なお金の使い方といえば、

1.消費
2.浪費
3.投資


なのではないでしょうか?





かくいう私も、
上記の順番に
ピッタリ当てはまっています。




ただ、消費と思っている中に、
実は投資に当てはまる
お金の使い方をしている場合もあります。







ここで、投資に関して考えてみましょう。







投資と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?







多額のお金を使って

・株式
・FX
・不動産


なんて思い浮かべませんか?



他には、人への投資ですね。



この考えも間違ってはいないのですが、
その前の段階、投資の意味を考えてみましょう。






投資とは、

お金を通して世の中に価値を生み出し、その対価としてリターンを得ること

(本文より)





ですから、
あなた自身の価値を高める為
にお金をつかうことも投資に
なるのですね。





この本では、お金持ちになりたければ、
まずは自己投資から始め、
自分自身の能力を高めること
を薦めています。





ただし、何でもかんでも
資格を取ればよいのではなく、
世の中に価値を生み出すための自己投資
をしなければ、先には進めないと。






また、こうも書かれています。


お金持ちになりたいという人は多い。

・何のために?
・いつまでに?
・どれだけのお金が欲しい?
・どうしてお金持ちになりたい?


と問うと、答えに詰まる場合が多いと。






お金があれば、なんでも自由に買うことができる。
ただ、そのモノを手に入れるだけで満足?



その先はないの?



手に入れたら終わりなら、
そこまでお金持ちにこだわる必要があるの?







この本を読んで、
いろいろなことを考えさせられました。







ただ読み終わって一つ明確になったことは、

『私はやっぱりお金持ちになりたい』

ということと、

『お金持ちになるためにやるべきことがはっきりわかった』

そして、

『お金持ちになる、お金持ちになったその先』

を考え、これから実行するだけだな
という思いでワクワクしましたね。







あなたのお金に関する概念が
ひっくり返るかもしれません。





今まで誰も教えてくれなかった
お金に関する内容が盛り沢山です。






今からでも遅くはありません。



古いお金に関する考えを改めましょう!!
 カテゴリ

Google検索だけでお金持ちになれる??

  •  投稿日:2015-09-16
  •  カテゴリ:読書
あなたは

“検索”

ってしますか??





今では、スマホが普及して、
いつでも、どこででも、
あなたがわからないことは

“検索”

すれば、大抵のことがわかりますよね。




そんな

“検索”

を徹底的に活用して、
お金持ちになれるという
内容の本に出会いました。


















その本が、こちら。

   ↓↓↓
Google検索でお金持ちになる方法





『Google検索だけでお金持ち??』


そんなことができるの??
というのが最初の印象でした。





しかし、本を読み進めるうちに、
その秘密がわかってきました。






まず、この本のまえがきに驚きの事実が書かれていました。

〜ネットがすべてを可能にします〜

「15歳の少年がGoogle検索とWikipediaを駆使し、
難病の膵臓ガンを早期発見する画期的な方法を発明した」

という話が紹介されています。




その少年がこちら。

    ↓↓↓






この、ジャック・アンドレイカ君は、
この発見のおかげで、多くの賞を受賞して、
総額で10万ドル以上を手にしたそうです。





Google検索とWikipediaを駆使して、
10万ドル以上を手に入れた。








夢の様な話ですよね。







しかし、現実に起きたことなのですよ。





ということは、

【あなたも、Google検索とWikipediaを駆使すれば、
お金持ちになれる可能性はある】


ということなのですね。







Google検索とは、下の窓に
あなたが調べたい言葉を入れて、
検索ボタンをポチッとするだけ。

    ↓↓↓








知りたい情報が、それこそ山のように出てきます。


ただ、すべてを鵜呑みに信じてしまうと
痛い目にあうこともあります。




それは、

「すべての情報が正しいわけではない」

ということなのですね。





だから、Google検索を使って、
あなたが知りたいことを調べるときは、
あなたが検索した結果に表示されているのが、

一次情報なのか?
二次情報なのか?
ただの知ったかぶりが書いている情報なのか?


そこを見極める必要があります。





あなたが知りたい情報はどこにあるのか?

そこへたどり着くまで、
徹底的に調べることです。





そうすることで、
情報の信憑性が高まってきます。





そうやって稼いだ情報が
あなたをお金持ちにしてくれるのです。





この本では、そういったことが書かれています。





中でも、

“ほぼ0円で新築住宅に住む”

という内容にはビックリしました。






「へぇ〜、そうやれば住宅ローンは自分で払わなくてもいいんだ!!」

と目から鱗が落ちました。





これも、著者がGoogle検索を駆使して
多くの情報を目にして、かいだ成果なんですよね。





あなたも今日から、
Google検索を徹底的に駆使してみますか??





気になる方は、こちらからどうぞ。

    ↓↓↓
 カテゴリ

仕事をする上で、円滑な人間関係は必要ですよね?

  •  投稿日:2015-03-02
  •  カテゴリ:読書

今年も早3月ですね。




来月になれば、
新卒の新入社員や新入学生のアルバイトが
増えてきますね。




あなたが勤める会社にも、
新入社員、新アルバイトが
増えるのではないでしょうか?


















社会人だけではなく、
学生さんであっても、
悩みの種は“人間関係”
なんじゃないかなぁ〜〜?
と思います。




社会人であれば、

・上司と部下
・先輩と後輩
・取引先の関係者



学生さんであれば、

・先生と生徒
・先輩と後輩



といった人間関係ですよね。





人間関係に悩んでいるあなたへ、
この本が役に立つのではないかな??
と思うので、紹介します。

   ↓↓↓
日高屋だから「ひと」を学べた





関東を中心にラーメン屋を展開するハイデイ日高。
そこへ入社して、入社2年で日高屋の店長になった
松茂良宏(まつもら ひろし)氏が書いた
人間関係、人材育成術に関する本です。




著者が入社して店長になるまで、店長になってから、
どうやって人間関係を育んでいったのか??





そして、
どうやって円滑に仕事を回していったのか??






著者は飲食店に勤務しながら学び、実践したことですが、
なにも飲食店に勤務する人だけではなく、

・仕事をしている人
・アルバイトをしている人
・学生さん


といった方々がこの本の対象となります。





更に言ってしまえば、

「夫婦」

も含まれますね。





とにかく、
人と接する立場にあるのであれば、
どんな些細な事であっても、
人間関係が悩みのタネになってきます。







人間関係で悩む理由、

「自分の思い通りに動いてくれない」

から、ついついこんなことを言ってしまいがちです。


・なぜできない
・なぜやらない






こう言ってしまう人、
あなたの周りにいませんか??







特に、上司と部下の関係で、
こういったことが起こりがちですよね。






ここで、一つ考えてみましょう。



「あなたの部下は、あなたの思いをすべて解っていますか?」

「あなたの部下は、あなたが求めるす事のスキルを持っていますか?」






そして、

「あなたの部下は、人間です。あなたの思い通りに動かない!!」





ということをわかって下さいね。







では、どうすれば良いのか??







「その仕事に関する、あなたの思いをすべて説明する」

「その仕事に必要なスキルを持った部下に変える」

「あなたの思い通りに動くには、どうすればよいか考える」


ということをしなくてはなりません。





上記の上2つはそれほど難しいことではないのですが、
3つ目が難しく、厄介なことなんですよね。







どうすれば良いのか??







その答えが、ここにあります。

「日高屋だから「ひと」を学べた」




あなたが役職者でなくても、先輩であるなら、
後輩を指導する立場でありますよね。



また、社員であれば、
アルバイトを指導する立場かもしれません。




すべての、

“人を指導する立場にある人”

が対象となるのがこの本です。


 カテゴリ

捨てることができたあなたは、次のステップへ♪

  •  投稿日:2015-02-25
  •  カテゴリ:読書

あなたの人生において、
捨てるべきものを捨てることができたのであれば、
次のステップへ進んで欲しいのですが…。




この考え方も、
ある意味「捨てる」
という事にもなります。


















捨てることができたあなたの次のステップは、
この本をオススメします。

  ↓↓↓
コンテキスト思考





人生には問題が山積みです。

・仕事
・人間関係
・家庭
・お金
・生活環境
・将来


など、あなたを悩ませる問題は
いろいろとありませんか??







問題が出た時、あなたは何をしますか??







私なら、

『考える』







問題を解決するには、まず

『考える』

ということをしますよね。





そんな『考える』
題材にしたのがこの本なんですね。

「コンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術」







世の中には、
いろいろな職業がありますが、

・他人の悩みを解決する
・他人の悩みを改善する
・他人の悩みに助言する


ということを専門にしている職業がありますよね。





そんな職業に就いているのであれば、
是非読んでいただきたい本なんですね。






まあ、この本に関して言えば、
そんな専門的な分野で働いていなくても、
どんな職種であっても、
かならず役に立つ内容になっています。




コンテキスト思考で物事を考えれば、
今までよりも解決方法がいろいろと出てきますから。







ただ、

「コンテキスト思考」

と言われてもピンときませんよね??






本書ではコンテキストとは、

物理的に認識できないものであり、
受け手が主体的に感じる必要性のものであるため、
受け手によって解釈が異なるものである。


と定義されています。






例えば、同僚との会話の中で、

「細かいお金ある?」

と聞かれた時にどう答えますか??






思考の例として、

・1,000円単位の確認をしている
・100円単位の確認をしている

と捉えることができます。







それはあなたと同僚が今いる状況で変わってきますよね。








例えば、その状況が

1.仕事中にコンビニで会計の時
2.仕事帰りの居酒屋での時








それぞれで、答えが変わってきます!!







1の状況であれば、100円単位のお金。
2の状況であれば、1,000円単位のお金。







というように、

“あなたが置かれた状況で、答えが変わる”

ということがコンテキスト思考の前提である
ということをわかって欲しいのですね。






目の前にある状況で、
最良の答えを出す。





これはあなたのみならず、
誰でもそうありたいと考えます。






しかし、コンテキスト思考で考えると、

「あなたの置かれている状況が違えば、答えが変わる」

ということなのですよ。








先程もチョロっと出ましたが、
経営コンサルタントという職業。





「現状を変えたい」

と言われても、
いろいろと情報を出してもらっても、
その情報だけで判断しようとした時、
本当はいくつもある答えの幅が
狭くなる恐れがあります。






そうならないために、

“与えられた問題点を、それだけで判断せずに、
 その背景に何があるのかに思いをはせる”


ということをいつも考える癖をつけて欲しいのですね。







なぜ、私がこんなことを言うのか??







それは、

「ひとつの問題に対して、実は答えがいくつもあるから」

なんですね。





そんな事実があるのなら、
ひとつの答えにこだわらず、
いろいろな答えを探すのも、
ひとつの問題解決法になるからです。





あなたの今後の問題解決の手助けになる

「コンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術」



いかがでしょうか??


いらないもの、悪いものは思い切って捨てる!!

  •  投稿日:2015-02-22
  •  カテゴリ:読書

先日紹介した、

「1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣」




この本、自己啓発書に分類されると思うのですが、
自己啓発書に関して、中で触れられています。


















さて、本書の中で触れられている
自己啓発書に関する部分。




自己啓発書を捨てるとどうなるのか??

捨てられない人→関係者のカモになる
捨てられた人 →本当に必要な実務書に出会える





この内容が、前半部分に書かれていますが、
読みながら不思議な感覚になりました。





しかし、読んでみて納得!!





自己啓発書にはこんなメリットが。

・自分の固定観念や思い込みを打ち破ってくれる
・新しい着想、発想、視点が得られる
・やる気になる






1冊1,500円〜2,500円ぐらいの価格帯で、
数多くの自己啓発書が世の中には溢れています。





私も何冊も読みました。
新しい知識を得たい、新しい発想を手に入れたい
なんて思うときには、いろいろと読んできました。




読書とは面白いもので、
本を読んでいる時には、
やる気が“全開マックス”
なんですよね。




しかし、読み終わったら、
そのやる気はどこへやら??







これってなんで??







一つの理由は、

「読んでいるときはワクワクしているが、
 読み終わった時には、自分ができた気になっている」


ということがあげられるのではないかな。





ここが、ミソ!!





自己啓発書を捨てられない人は、

“関係者のカモになる”

というのは、ここから来ているのでは??





どういうことかといえば、
1冊の自己啓発書を買って読む。

    ↓↓↓

自分ができた気になって、
日常を過ごす。

    ↓↓↓

次の壁にぶち当たった時に、
そのことに関連する自己啓発書を
もう一度買って読む。

    ↓↓↓

自分ができた気になって、
日常を過ごす。

    ↓↓↓

次の壁にぶち当たった時に、
そのことに関連する自己啓発書を
もう一度買って読む。





このループに陥る。




これでは、知識はあるけど、
身になっておらず、
実行力もない。





これって、最悪なパターンですよね。




こうならないためにも、
自己啓発書をいつまでも買って読むのは、
やめましょうね。




どこかで、

「これで最後!!」

と決めるか、

「もう自己啓発書は買わない!!」

と決めるしか、
この最悪のループから抜け出すことは
難しいかもしれませんね。





なにも、自己啓発書に限ったことではなく、
あなたが日常の中で習慣にしていること。


その中で、

・いらないもの
・悪いもの


ありませんか??




いつまでも固執していると、
あなたの行動を制限してしまいます。




今までの枠組みの中で
いつまでも生活しなければなりません。





あなたの知らない世界を知ることなく、
このまま生活していきますか??




今までの枠組みの中から脱出するには、
今あなたが持っている、いらないもの・悪いもの
は早く捨ててしまいましょうよ。


 カテゴリ

人生を変えるなら、自分を変えよう!!捨てるべき悪い習慣

  •  投稿日:2015-02-20
  •  カテゴリ:読書
あなたには、「習慣」になっていることありますか??





その習慣が、

“あなたの人生を悪い方向へ導いている”

としたら、どうしますか??














今までの人生を振り返ってみて、
「自分の人生、悪いことばかりだったなぁ〜〜」
と思っていますか?


それとも、
「自分の人生は、悪いこともあったけど良いこともあったなぁ〜〜」
と思っていますか?






あなたの習慣が

・良い習慣
・悪い習慣


のどちらなのか??




この本が教えてくれます。

   ↓↓↓
自分の人生を変えるために、捨てるべき40の悪い習慣






この本の中で紹介されている

“捨てるべき40の「悪い」習慣”


は、そもそもの行動に関することではなく、
あなたの思考に関することがメインです。




そもそもの行動の習慣とは、

・毎日晩酌をする
・好きなモノしか食べない
・たばこを1日40本吸う
・朝起きたら、歯を磨く
・朝起きたら、顔を洗う


といったことです。




そういった習慣ではなく、
先程も言いましたが、

“あなたの思考”

に関する悪い習慣なのです。





例えば、

「残業ゼロを捨てる」

ということ。




いまだに日本の企業では、
残業して当たり前。



残業をせずに帰ると、
同僚や上司から白い目で見られることも。




しかし、そんな日本企業の風土であっても、
残業ゼロを捨てられる人と捨てられない人、
未来ではどう変わってくるのか??







・捨てられた人  →仕事の地力が高まる
・捨てられない人 →50代以降、収入が下がる








あなたならどちらの人生を選びますか??







私なら、迷わず捨てます。






これは、どういったことなのか??
気になった方は、こちらへ。

「1つずつ自分を変えていく 捨てるべき40の「悪い」習慣」






あなたのこれからの人生、
劇的に変わることはないかもしれませんが、
少しずつ変えていくことはできますよ。



 カテゴリ

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

  •  投稿日:2015-01-28
  •  カテゴリ:読書
こんにちは。



突然ですが、

「あなたは今までにノートの使い方を教わったことありますか??」




私はありませんでした。



この本と出会って、
初めてノートの使い方を
教わりました。


2014-12-27 08.59.23.jpg






マッキンゼーのコンサルタント、
ボスコンのコンサルタント、
東大合格生などなど、

『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』






タイトルに惹かれて、
手に取り読み進めましたが、
まさに目からうろこがボロボロ落ちました!!




というのも、

“ノートは自分の考えを文字にして残しておくもの”

“ノートに情報を多く残しておけば、あとあと参考にできる”

“ノートは情報を貯めるもの”

というのが今までの私の考えでした。




しかし、この本の中では、

“社会人のノートは「捨てる」ために使う”

とありました。







何で、捨てるためにノートを使うの??







あなたはこう思いませんか?






読んでいくうちに、
何故捨てるためなのか?
という疑問はスッキリしました。





というのも、今は情報がたくさんあります。
仕事を進める上で、情報は必要ですが、
ほんとうにあなたの役に立つ情報って
どれだけありますか??




その多くの情報の中から、
あなたの役に立つ情報を見極める。




そのためにノートに書き込み、
一つ一つ情報を削っていくのですね。




そして、あなたの仕事に役立つ情報のみを見極める。




そういった意味で、

「捨てる」ためにノートを使う

ということだったのです。




まだまだ他にもたくさん
驚いたことがあります。




今まで使っていたノートを
方眼ノートに変えるだけで、

・記憶力がアップする
・ロジカルシンキングができる
・問題解決力が高まる
・プレゼンがうまくなる
・モチベーションが上がる
・勉強力が高まる


ということが書かれています。




私はかなり単純なので、
早速方眼ノートを買いました。

2014-12-27 08.36.25.jpg




今まで使っていたノートから方眼ノートへ。
そして、書きやすいボールペンを探して、
たどり着いたのが、ジェットストリームのボールペン




この組み合わせで、
方眼ノートに書き込むようになってから、
発想力が上がったような気がします。



今まではひとつの面でしか考えられなかったことも、
この方眼ノートを使った物の考え方を実践して、
ひとつの面だけでなく、いろいろな面から
物を見るようになりましたね。



この本で言われていることが
なんとなくわかったような気になってきました。



本を読むだけで終わりでは気付けなかったことが、
実際に試してみることで、フッと腑に落ちましたよ。



あなたも一度試してみてはどうでしょうか?

「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」




上司と部下、育ち方が違えば考え方も違いますよね?

  •  投稿日:2014-12-05
  •  カテゴリ:読書
久しぶりの本の紹介です。




先日、ネットで紹介されていた本を
購入して読みました。





「上司の常識は、部下にとって非常識」

   ↓↓↓
2014-12-05 07.48.53.jpg






“人それぞれ、育ち方が違えば、
物事の捉え方、考え方が違う”


というのは、誰もがわかっていることだと思います。





中間管理職の世代と、
若手社員の世代とでは、
学校教育の時代から変わっています。





40代以上の世代では、

「学校の先生は厳しかった」

「先生は怒ると、怒鳴ることがあった」


なんてことを思い出しませんか??






私も、小学校・中学校では、
よく先生に、怒鳴られたり、殴られたりしました。







しかし、今の20代が育った時代では、

「学校の先生は怒っても怖くなかった」

「先生に怒鳴られたことがない」


なんて時代なんですよね。





それは、家庭でも同じで、
親が子供を叱ることが少なくなっている。




そんな子供時代に怒られたことがない世代に、
あなたが若手の頃に上司や先輩社員から指導されたように、
厳しく教育しようとしても、若手社員は育たない。




私の勤める会社に、20代の若手社員はいませんが、
30代前半の社員は数名います。



色々と話をしてみると、

「私の時代と違う育ち方だなぁ〜〜」

と実感することがありました。




それまでは、

・ゆとり教育
・ゆとり世代
・さとり世代


なんて言葉は知っていました。





そんな時代の教育ってどんなんだったのかな?
と思ったこともあります。






まあ、極端な例を上げれば、

「徒競走でみんな手をつないでゴールする」




これを初めて聞いた時には、唖然としました。
どうしてそんなことになったのか?聞いてみると、

「子供に順番をつけることは教育上良くない」

なんて答えが返ってきたこともありました。






「時代が変われば、育つ人間も変わる」

このことを理解していないと、
若手社員を教育するにも、
あなたの世代に通用した教育方法が役に立たず、

“なんでなんだ??”

といらいらすることが多くなります。






この本では、そんな上司と部下のギャップが
色々なケースを例に説明されています。




「所変われば、見方も変わる」ということで、
上司のみならず、部下の立場であっても
この本を読むことで、その立場の違いがわかり、
あなたの上司が何故こうなのか?
がわかりますよ。







多くの世代にお薦めできる1冊です。
 カテゴリ

幸せな成功者が教えてくれた長財布のヒミツ

  •  投稿日:2013-12-20
  •  カテゴリ:読書
今日は東京で初雪が降ったのですね。


全国的に寒かったのですが、
あなたは風邪をひいてないですか?


さて、今夜紹介する本はこちら。

   ↓↓↓
幸せな成功者が教えてくれた長財布のヒミツ



あなたはこんな言葉を聞いたことありませんか??


“理想の年収の1/200〜1/300の財布を買う”



もしくは、

“年収200倍の法則”



どちらも
財布に関することなのですが、
あなたが望む年収と財布の関係を
表した言葉です。


私の目標年収は現時点で1000万円。
ということで52,500円の長財布を購入しました。

   ↓↓↓
幸せな成功者が教えてくれた長財布のヒミツ 2



購入したのはこちらです。

「あなたを幸せにする財布」




ところであなたの財布はどういった形状の財布ですか?

・長財布
・二つ折り財布



あなたはいつも財布をどこに入れていますか?

・カバンの中
・お尻のポケット




どうやら世の中の幸せな成功者は
長財布を持ち、
お尻のポケットには入れないのですね。


それはなぜか??


まず長財布を持つ理由は

“お金の気持ちになって考えている”

からなのです。


ん??どういうこと??

と思いますよね。



私も、この本を読んでいて、
ここで「何言ってるの?」
と思いました。


読み進めていくうちにわかりました。


財布はお金にとって“家”であり、
お金を大事に扱うことが
幸せな成功者になれるということなのです。


良く考えてみると、
お金、とりわけお札は一枚の紙です。


その紙をあえて折る必要があるのか?
ということなのですね。


自分の都合でお札を折る。
これってお金に対して
失礼な行為だと思うのです。


どういうことかといえば、
あなたは会社の重要書類を扱うときにどうしていますか?


または、取引先に提出する重要書類をどう扱っていますか?


この問いには当然のように

“大事に扱っています”

と答えますよね。


その気持ちをお金、お札に向けないと
あなたが幸せな成功者にはなれないのですよねw。



ただ単に
“大事に扱っています”
といっても個人差があるでしょうが、
取引先に提出する重要書類に折り目がついていたら
相手はどう感じるのでしょうか??


それと同じように、
“お札に折り目がついている”
となるとお札自体が、
“あっ、この人はお札を大事に扱わない人だ!!”
と感じているかもしれません。


そういったお札の扱いが伝播して、
あなたのもとへお金が回ってこないのかもしれないとしたら
どういった気分になりますか?


まあ確かにお札やお金に
感情があるかと言われれば、
ないと思いますよ。


でも、
お金やお札を大事に扱うことで
あなたのこれからの金運が左右されるのであれば、
大事に扱おうと思いませんか??



そして、
新しく購入した財布には
まずは新札を入れましょう。


できることであれば、
10万円以上のお金を新札で。



何故新札なのか??


ここから先は実際にこの本を読んで
あなた自身が学んでください。


この本を読むことで、

・あなたの財布の状態が良いのか悪いのか
・あなたのお金に対する意識


がわかり、これからのお金に対する態度が変わります。


今の状態がベストであり、
何も成功しなくてもいいよ、
今の年収で満足さ、
というのであれば読む必要は全くありません。


しかし、
今の年収に満足していない
この先金回りをよくしたい
と思っているのであれば
読む価値はありますよ。


また、
お金の扱いのみならず、
財布の扱いも変わってきますよ。


いろいろな成功体験も載っていますので、
あなたがこの先変われる可能性はあります。


気になったのであれば、
こちらからどうぞ。

「幸せな成功者が教えてくれた 長財布のヒミツ」



ちなみに私は、Kindle版を購入して、
iPad miniに入れていつも持ち歩いています。
 カテゴリ

スポンサードリンク

Copyright © 読書のすすめ〜ジャンルこだわりなし〜 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。